Toshiko Nakaura

Toshiko_makeup057 fix

Sew Easy New York 代表・中浦都志子

Founder and Creative Director, Fashion Designer

プロフィール;

大阪出身。10歳のとき自分で初めてドレスを作って以来服作りの楽しさを知る。創美苑服飾学院卒業後、赤川英、NOUPブランドのチーフデザイナーとして数多くの服を世に送り出す。その後1987年に渡米。ニューヨークへ移り住みFashion Institute Technologyでファッションデザインを学ぶ。

1990年からNYでのファッション・キャリアをスタートさせる。ポロ・ラルフローレンのライセンス・コーディネーターを経て、丸紅アメリカのニューヨーク社でマーチャンダイザーとしてブルックス・ブラザースなどの海外生産の仕事に携わる。その後、双日アメリカでプロダクションマネージャーとして、アメリカ大手アパレルメーカーのデザイン開発からプロダクションまで、服作りの全工程に携わる。

2009年にSew Easy New Yorkを設立。

長年ファッション業界で、デザイナー、パターンナーとしてキャリアを積んだ後にヒューマンタッチを重視したオリジナルの服作りの楽しさを広めようと個別指導型の洋裁教室「Sew Easy New York」を開始する。同時に衣装デザイナーとして、オリジナルのお仕立てや、お客様一人一人の為の服作りをするに至る。

また、ダンス・ウエアーを数々作ってきた経験を活かし、現在NYで活躍中のサルサ・シンガー、“YOKO”のステージ衣装を担当している。その他、多数のプロダンサー、ミュージシャンの衣装を制作。究極の自己アピールを可能にし、いかにその人の個性を輝やかす衣装を制作できるか、現在も挑戦を続けている。

2013年ニューヨーク、マンハッタンにある日本クラブにて、春・夏の連続カルチャー講座 【楽しい洋裁講座】の講師を務める。

個人理念として「心の触れ合いを大切にする」をモットーとしており、NPO団体/NY de Volunteerのスタッフとして社会貢献に参加している。その活動はExplore Japanese Culture An After School (NY市公認企画:日本文化紹介アフタースクール)、Japanese Spa Day(美を通した社会貢献・日米市民交流ビューティボランティア)など幅広い。

Sew Easy NY洋裁教室が記事になり紹介されています。

Fromニューヨーク「作りたいものを作るソーイング教室」

日本ヴォーグ社ソーイングポシェの掲載記事はこちら

ニューヨークの地元紙NYジャピオン「初心者からの洋裁教室 プロの小技を習得」教室の様子が詳しくご覧になれます。

詳細のリンクはこちら★をクリックしてくださいね。

公式ブログ:Sew Easy New York

↑ Sew Easy New York洋裁教室の日々の様子。はまる手作りのお洋服のお話。

好評のNYC ファッション街の生地屋さんツアーのレポート。衣装制作など最新NY情報を発信中。

Facebook: https://www.facebook.com/SewEasyNY